ホームページリニューアルへ

長年手付かずにしていたホームページを大幅リニューアルを致します。
その作業が現在急ピッチで進んでいる。

全て一新するため、大胆な切り替えです。
更に表示変更等々、スマホ対応への大幅リニューアルです。
削除されるコーナーは多々あり、スッキリしたホームページを目指します。
ご理解の程お願い申し上げます。

6月上旬更新をメドに作業を進めている。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

現場打ち合わせ

先日、お客様とショールーム同行後に現場打ち合わせとなった。
暑い日であり、午後2時の外気温度は29度を越えていた。

ご夫婦とお子様二人が現場に入ります。
壁、屋根の外断熱工事が完了し、樹脂サッシが取り付いた状況です。
しっかり固定しておいた梯子で小屋裏まで登って行きます。

ロフトに到着すると、小屋裏から子供達の感動の声が聞こえて来る。
ワー涼しい!!
不思議だ!!
何でこんなに涼しいの!!
と、びっくりした声です。

降りて来た子供達に少し得意そうに、そういう家なんですと話す私。
外断熱を更に改善した屋根ダブル断熱の効果はうなずける。断熱強化の工事は、開口部の基本が出来ているソーラーサーキットの家も改善出来ると確信してます。

前日は建築業者の人達の案内でした。
同じ様に小屋裏の爽やかさにはびっくりする。
ロフト床にどっかり座り込み腕組みしながら凄い家だと呟いている。

性能を語るには住み心地体感ハウス以上に建築現場の方が説得力があるのではと思ったりしてます。
一切の説明さえ無くても事実が物語るから。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

住宅模型

今まで造り続けて来た外断熱の住まい、その住宅模型が体感ハウス2階にいっぱいとなっている。

ほとんどの設計事務所では、模型づくりは設計コンペ等含めプロらしい雰囲気の白模型でプレゼンを行ってます。
勿論、3D映像等は飛躍的に凄くなっている。
しかし、私共のつくる住宅模型は評価されている。

間取りやシルエットの確認と共に、お客様が理解しにくい図面を補う目的があるため提案素材の質感、色合い迄を表現します。
色バランスは大切な要素。よかれと思っていた提案が模型により気付きを貰う事は度々あります。
スケール50分の1模型は精巧であり、イメージ確認には、コンピューター時代にも高く評価されている。

今年の秋に着工予定のお客様の住宅模型が昨日完成して、現在家具を取り付けている最中です。
イメージを濃縮した模型をお渡しをする。

模型までを必ず無償で製作する家づくりのド真剣な建築事務所です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

続く、住み心地体感ハウスの来場者

4月末からの大型連休、そして先週の土曜日、また昨日と体感ハウスは新規のお客様で賑わっています。

5月になってからお越しになるほとんどのお客様は、「いい家」が欲しい。の本を読まれての来場です。
本を読んだ後、ホームページにていい家つくる会の全国会員工務店を検索します。そして、該当地域の工務店を見る。

お越しになる前に、必ず平澤建築事務所ホームページを開くでしょう。
作品集、ブログをご覧になり会社の活発状況や、相性、センスを感じとり、住み心地を体感したいと思った方々がお越しになります。
二階に並んでいる模型群、そして各室や小屋裏及び床下などの空気感を体感された後、居間のソファーでくつろぎながら話を伺います。

今まで見てきた住宅展示場とは全く違う。
とても気持ちのいい家ですと嬉しそうに話す奥様。
ご主人は来て良かった!と、何度も繰り返し話されて、そして改めてまた来ますと言う。
19日日曜日には別家族の来場でした。
前回には来れなかったお母様同行来社です。

5月の平澤建築事務所体感ハウスは活気にあふれている。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

続くそれぞれの総会

先日、建築士事務所協会新潟下越支部の総会及び懇親会に出席した。

建築士事務所協会総会の会場はANAクラウンラウンジホテル新潟であり、来賓をお招きして懇親会も和やかに行われる。
その懇親会はお酒を注ぎ合いコミュニケーションを深めます。
新潟の名のある建築設計事務所の代表達の出席であり品格のよさを感じます。、

自分のテーブルを離れ、挨拶にまわる。
家をつくろうとする人達は残念ながら私の名前を知らない。しかし、建築業界の中では平澤建築事務所はかなり知られている事にビックリ、嬉しかった。
有難い事です。

最後の手締め写真です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

お引き渡し

平屋の家のお引き渡しです。
近年、平屋住まいが注目されている。
確かに動線的にも広がり的にも効率は良いし、使い勝手も良いことが多い。
長いスパンの住まいと考えると長所はいっぱいあります。
ある意味理想の住まいかも知れない。

しかし、土地が広くなければならない。
また、同じ40坪では総二階なら、基礎、屋根は半分の約20坪となる。
平屋の涼温な家では、センターダクトからの必要総給気量確保の為に2系統となります。
使い勝手、便利さ、段差など生活のよさに対して、工事金額が割高になる事も含め、総合的に方向を決めるべきです。
そんな使い勝手のいい平屋の家です。

S様は大学院でずっと勉強されてきまして、3月に博士号を取得されました。
その証書を見せて欲しいと言って、お引き渡し時に持って来て貰い見る事が出来た。
刺激になります。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

TlP建築協会理事会

16日に東京本郷TIP協会事務局での理事会に出席した。
決算報告事業報告後、今年度の事業計画及び進行状況の確認です。

議論の中心は、一昨年から検討に入っている大臣認定2020年認証に向けての件であり、今後への積極的な動きとなるだろう。
まだまだ多くをクリアしなければならない件はある。
大学教授のお力のもと進む。
諸先生方の最大限の努力を期待するところです。

帰り際に本来発送するS様邸TIP表示プレー板を令和第1号ですと事務局から手渡しされた。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

住まいNET新潟ラウンジ

家づくりをはじめる時、何からスタートしていいか判らない方々は多い筈です。

中央区鳥屋野の県立自然科学館向かいSHS建物内に、住まいNET新潟ラウンジがあります。
そこには建築の専門アドバイザーがおり、各社それぞれの特長ある家づくりしている建築事務所、工務店を複数社を紹介してくれます。

スーモカウンターで言う無償アドバイスとは根本的に異なる相談窓口であり、安心、信頼の相談が出来る筈です。
必要に応じて建築各社への訪問連絡段取り迄してくれます。中立的立場であり勿論、無償です。
後に断りの場合でもその連絡までもしてくれます。

家づくりの最も大切な依頼先の絞り込みはその成否に大きく影響する。
その依頼先の建築会社の特長を中立的に紹介アドバイスする。

平澤建築事務所の紹介ポイントは住み心地のよさであり、温度差無しの爽やかな住まい。
特長は個別エアコン、床暖房無しの温かい家として紹介されてます。
外観、インテリアデザインセンスは雑誌、ホームページにて判断して貰い相性を決める。

ラウンジからの紹介にて、住み心地体感ハウスには多くの家づくりの方々がお越しになられてます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

一晩寝かせて熟させる図面図書

つくり上げる設計図面は、あらゆる角度から集中検討しながら進めて行く事は今さら申し上げる事では無い。
そのエネルギーの入った完成図面を、更に一晩寝かせます。

進めている最中は頭の中はイメージ方向が強くあり、木を見つめつつ、離れて見える森や林の大切な方向を共有していなければいけない事にハッと気づくことがある。

私達の会社では出来た図面を一晩寝かす事にしている。
一旦図面から離れて、頭を切り変えるのである。
ワクワクするいいプランは集中により生まれて来るものであるから、頭の中にはその残像が必ずあります。

ある瞬間に今まで気づかなかった新たな解決策が見えてくる事は何度も経験してます。
それは正に思いの強さである。
設計や納まり方、住み心地、デザイン、シルエットへの思いの強さから生まれて来る啓示です。

センスのいい家は、美しく快適になると確信してます。
そんな物語のある家を創り上げて行きたい。

その過程の中で設計図面を一晩寝かせて発酵させる時間が必要だと考えます。

今仕上がったプランも、13日の気持ちいい陽射しの入り方を見たく、早朝7時過ぎに挨拶して敷地に入らせてもらい、あらゆる角度からプランを確認する。
今までは、午後の陽射しであったため、やはり新たな気づきがあるものです。

奥様より爽やかな笑顔で、楽しみに待ってますと言われる。
設計者として嬉しい言葉あり、修正したうえでの発送となります。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

進む新規お客様のスケッチプラン

連休中に来場されました新規のお客様プランづくりが進んでいる。

連休後半に来場された新規お客様の家づくり要望を体感ハウス空気感を感じて頂きながら伺う。
その後、お客様の車の後ろに付き、ご自宅まで案内してもらい、敷地環境やロケーションを拝見しながら敷地寸法を測る。
巻き尺の片方をご主人におさえてもらい、採寸協力をお願いする。

それを基に、ご家族要望整理を行い、トータルバランスの配慮の中でスケッチプランのイメージを進めてます。
改めて、朝日の入り方等の陽射し確認は後日行き、修正をして行く。

ここのところ、二世帯同居の家づくり依頼のお客様が平澤建築事務所では集中して多いです。
現在お住まいの敷地の有効利用としても資金計画もメリットが多々あります。
その中にそれぞれのプライバシーをどの様に尊重を加味する計画が大事です。

おしゃれな楽しい家のプランづくりが進行して行く。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ