家づくり告知方法

建築事務所、工務店が取り組んでいる家づくりをお客様方に知って貰う告知方法は、多岐に渡り今さら話す事でも無いですが時代と共にその手法を加味しなければなりません。

展示場展開、看板設置、雑誌、テレビ、新聞等への掲載、イベント展開、そしてインターネットのホームページの告知が上げられます。
これら企業に合わせた必要最小限で最大効果を考えなければなりません。
知られなければ、家づくり検討の土俵に上がらない。

勿論、時代を越えて強いのは住んでいるお客様の住み心地のことばです。
よって、その建築事務所が実際建てた家を知る事に価値があります。
身近な知人、友人の方々の実際の住み心地を聞く事は的確な判断材料となる。

今の時代ではインターネットにて検討会社のホームページを開くことになりましょう。その会社の活性状況を簡単に見ることが出来る。
更にブログ欄を見ると経営者、設計者、施工管理者の力量、哲学が感じ取れ人間性も判断出来る。

会社側から見てもそのコーナー更新には費用がほとんど掛からず運営できる部分でもある。
得意不得意を言っている事では無いはずです。
仕事に対する熱意の強さであろう。

同時に、施工例写真を見るとセンスやデザインの考え方が見えます。
感性で建築事務所との相性を感じ取り、家づくりに踏み出す事は理にかなっている。
意識して各工務店、建築事務所のホームページの更新度合いをご覧になられたらよいと思う。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。