雪国の道端風景

これらの写真は新潟市近郊の道端写真。
冬、日本海側から吹き付ける地吹雪により道路が分からなくなることが時おりあります。
田んぼが広がる中の道路ではあちらこちらで見かける下越地区の風景です。

私は中越の豪雪地域の生まれであり、3メートルの積雪は当たり前の中で生活してきましたが、中越地方山間部ではこのようなな景色は見かけない。
設置しても、スッポリと雪の下に潜ってしまう。

今まであまり意識して見てなかったが、県内の雪対策には、県内広い地域により随分異なっている風景だなと改めて感じてる。

新潟の雪は湿っていて重い。
気温が下がれば当然サラサラな雪質となる。
スキー場等の高原では気温が低く乾燥したベストコンディションの雪質となる。

平澤の携帯写真ファイルは思い付くまま撮影するから随分貯まってます。
そんな中の一部の写真でした。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。