インテリアコーディネーターとして

内装の最終カラーコーディネート確認決定が、現場やショールーム及びサンプル等含め行われている。
お客様の個性を引き出しながら。

意匠、空間、光と影、素材の質感等を意識して動線、バランスのよいスペースを考慮しながら住宅設計はされます。
その中で、カラーコーディネート、色の使い方によっては、同じ金額であっても上品にもなり、その反対にもなってしまうから怖い。

カラーコーディネートはセンスであり、心理的要素も含まれている。
洋服などのファッションでは、当たり前の如く意識され、こだわりながら選らばれる事でしょうが、住まいインテリアも正に同じ事が当てはまると考えており、色バランスには気を配ってます。
質感、カラーコーディネートは、常に新鮮な情報を蓄積し、感性を高める努力を怠れない。
お客様の建築費を最大限の価値に高める使命が我々にはあります。
その為には柔軟な発想と、多くの知識と力強い行動力が必要。

玉手箱の中には、キラキラ輝くものがイッパイ入っているためにハングリーに、住み心地の追求をして行きます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。