その為に気密測定、風量測定

住まいを全館快適爽快にするには計画換気は不可欠となるはずです。

空気淀み、臭いの停滞、温度湿度のムラ、湿度カビの不快対策、更には床下、小屋の構造と内部空間などが不健全な家づくりだったら、住んでからストレスとしてご家族の中に蓄積が進行すると考えられます。
   
それは恐い事。

家づくりのスタート段階のご要望の多くは、間取り、デザイン、シルエット、空間、素材、金額等に集中して会話が進みがちです。

それは大切な事として理解しておりますが、その内容を踏まえながらも、地域環境に順応し、知的でセンスよく表現したい。
上記の空気に満ちた、涼温な家完成に向け集中をする。
その為に地味ではあるが構造体共健全で、かつ全館の空気、温熱環境が健全で最高の住み心地でなければなりません。

だから、それぞれの現場で繰り返し空気の測定を行い、調整しながらの家づくりをコツコツと進めている。

快適の裏付けとして。

平澤建築事務所
平澤政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。