住宅誌の取材

13日、日曜日の午後に、新潟日報社発行の住宅誌の取材があった。

今年の発刊が早まり、雑誌編集締め切りの都合上、取材が急がされる。
ダイニングテーブルやソフアーの注文家具が納品される前での撮影となった。

スタッフ達には、心地いい空気感を写真に表現して欲しいと、いつもお願いをしています。
当日、取材前の時間に、まだ未完成だった庭木の植え込みを小雨の中、平澤は急ピッチで完了させる。

中央区の家々が接近する住宅街に建つT様邸は採光の為に、吹き抜けを効果的に設け、一階の食堂や居間に光を落とし込み、解放感をも演出する。

必要最小限の吹き抜けスペースで最大の効果をあげる事は設計者に求められる。
同時に吹き抜けを通して発生する音問題の解決は二階の各洋室に対策を施す。

一階床は無垢のウォールナット張り、壁は珪藻土塗り、天井のライテング、ブラケット等の間接照明を有効に使い柔らかい空間を演出をする。

2年程前からの土地探し時点で、家づくりの依頼先を平澤建築事務所に決めていたと言う言葉には感謝でいっぱいです。

T様邸の爽やかな空気感がどう住宅誌に表現されるか、発刊を楽しみに待ちます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。