厳しい敷地ほどワクワクする訳

家づくりの相談依頼が増えています。
十人十色の設計が如何に大事かは、敷地を見ると改めて実感します。
そこに、それぞれの家族の住まい方があります。

心地よさを求める物語のイメージが周りのロケーションから沸いて来るものです。

今日のタイトルである、厳しい敷地ほどワクワクするとは、隣家により光やロケーションが遮られたり、変型土地や狭い土地などでの提案は、設計者にとっては、構想するにあたり本能的に燃え上がるものである。
厳しい敷地ほど設計の力量が試されるプランであると思う。

その様なプランの中にワクワクがちりばめられて入るかが大事と思う。
そして、そこに心地いい空気が満ち足りていることが必須である事は言うまでも無い。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。