盛和塾での学び

平澤建築事務所も18期の年度に入った。
臆病な人が経営に携わり、ただひたすらに危機感を持ち必死に進んで今日まで来ました。

会社設立以前より家の住み心地を追求した生き方をしていたため、外断熱の大切さを実感していた。
家に求められるのは何か。
その原点に、住まいの住み心地の追求があった。

設立間もなく、本の精神に同調していました【「いい家」が欲しい。】の著者であります松井修三氏にお会いするために上京。
強くお願いをし、入会を認めて頂きました事が昨日の様に思えます。

盛和塾での学びと協調し、平澤の家づくりの住み心地の追求はぶれる事なく現在に至ります。

人の出会いが人生を変えると言われますが、まさにその通りです。
その幸せの温かい住み心地をもっと広めるべきであると改めて強く感じております。

盛和塾の学びと共に。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。