TIPライトアップ

TlP構法の桧斜め張り板から漏れる光を撮影したく、久しぶりに現場のライトアップを行う。

建物の見えなくなる耐震の美しさでもある。

狙いを定めて、日の沈む時間を待ちます。
程よい暗さが必要なのだ。
プロのカメラマン撮影に同行していた時に見た撮影チャンスから、暗くなってくいる数分の時間しかない事を知っている。
そのタイミングを狙って待つのは結構ワクワクするものです。

撮影日は11日、日曜日の夕方6時20分、快晴。
三脚でカメラを固定し、レリーズをセットして求める光のタイミングに合わせ、露出は手動にする。

建物と夜空の一番美しい一枚を納めたい。

寒さを感じながらカメラを覗く。
どんどん暗くなって来ると慌ただしくなる。
その6時20分がシャッターチャンスとなった。
息を潜め獲物を狙うハンターです。
何十枚と写真を撮り、その中のいい一枚を選出する。

自分なりにまあまあの写真が収まるととても嬉しくなるものです。
満足しながらにトラックに乗り込み帰社する。

その写真を添付しました。
プリントしてみるとさほど自慢する写真ではないが、美しい木造建築は伝わるのではと自負してのブログです。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。