庭木の手入れ

続いて樹木の手入れについて書きます。
木は育ち成長して行く。
よって手入れはこちらでも必要となります。

落葉樹は春に芽吹く。
水やりはこの時期から必ず必要となってきます。
植え込み後の春から秋までは樹木は水を求めている。
もし、葉先が焼けたようになって来たら水不足です。

数年すると樹木は伸びて来ます。
雑木の枝切り剪定はおおざっぱでもよしとしてます。
楽しみながらやって頂きたいと思う。
又、雑木の冬囲いは樹木枝の外から縄で一、二ヵ所を軽く巻くだけの事。
枝の拡がりを防ぐだけの簡単な作業で雪による枝折れを防げます。

どうしても苦手な方は、シルバー人材等へ電話し冬囲いをお薦めします。
また、平澤のグループにはプロの庭師がおりますので電話下さい、サポート致します。

涼温な家の快適に緑の樹木の景色があると、もっといいと感じてます。
手入れ作業の簡単な庭木を提案し、植え込みはしてますので楽しんで頂きたいと願う。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。