出す当てのない絵手紙

宛もなく絵手紙を描いたりしています。
それは貯まってしまう。
前に描いた絵手紙の中にふきのとうがある。

絵手紙は短い時間で描くのが良いらしい。
つけ添える言葉も感じたままの方が自然でいいとの事。
その時の瞬間的な言葉を付ける。
全ての時間で5分以内位の粗っぽい仕上がりが絵になると思う。
文字を書くときは筆ペンを寝かせ不自然な字にする事が大事。
相田みつをの表現力には引き込まれてしまう。

政利の「ま」の印はホームセンターに売っていた。
買って押すと偉くなったようで楽しい。
バックの中に絵の道具を入れて持ち歩いたりしてます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。