試練こそが成長の糧となる

盛和塾で、
稲盛塾長は常に、ご自身の体験からからおっしゃっている言葉に試練は人格を磨く。
もうだめだと思う時が仕事の始まりであると言われる。

そのもうだめだも
誰にも負けない努力をした上なのかの高いレベルを問われる。
追い詰められた時にこそ何かが生まれ易い。
それは今まで気づかなかったものが見えて来たりするものである。

又、何かを失った時に新たなものが生まれる。
厳しい試練とは最大のチャンスでもあり、
新たなることを切り開いて行く事とはいつも通っている道ではない。

大きな発明、発見、開拓は必ず大きな試練が伴います。
それに挫折しない心の強さが必要となる。
それには成功を信じる事が絶対であり、思い描いているそのがカラーで見える程の揺るぎない信念がいる。
試練はチャンスであり、感謝と受け止め、行動が求められます。

強く思い描いた形に
日々景色は変わって行く。
だからワクワクするのかも知れない。

平澤建築事務所
平澤政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。