2017年を振り返って

2017年は公私ともに周りの人々に支えられた1年であった。
この場をお借りして改めて感謝申し上げます。
ありがとうございます。

隣の芝生は青く見える。
自分に持っていないものを持つ人はこの世にいくらでもいる。
でも、そんな人に出会った時に、強い憧れや嫉妬心を抱く。それ自体は決して悪い事ではないが、それと同時に自分を卑下してしまう。
自分はこれでいいのだろうか・・・。

生きていくうえで、向上心を持つこと、夢を持つことは必要だ。そこに向かって努力し、進んでいくことはもっと重要で、より大きなエネルギーを要する。
他人から影響を受けたことがきっかけであってもいいと思う。

しかし、他人に憧れることと自分を否定することは違う。
自分の良さと足りない部分をしっかり見極めることが大事なのだと思う。

幸せの条件の1つに「自己肯定」があると聞いた。
まさに、その通りだった。
自分を否定し続ける先に、明るい未来はないだろう。

完璧な人間などいないはずだ。
もちろん、自分自身を完璧だとは思わない。
しかし、その中で自分の良い所、優れていると思うことを誰も評価してくれなくても、自分自身で認めてみようと思う。
他人のことを気にし過ぎて、自分を見ることを疎かにすると、足元にある当たり前の幸せにすら気がつけなくなってしまう。

バランスはとても難しいが、謙虚でありながらも、自分自身のことも褒めて認められるようになりたい。
地味であっても、1歩でも前進できる2018年にしたい。

平澤建築事務所
佐藤 吉行

カテゴリー: 佐藤吉行   パーマリンク

コメントは受け付けていません。