ゼロエネルギー住宅

いつもと同じ事を書いてしまいすみません。

寒い時期になると暖かい建物高性能をアピールする手段として「エアコン1台で快適な家」の言葉が氾濫しています。
また、省エネを強調するためにZEH対応も引き出されている。
私共も施工登録店となっていてその達成は意識はしていますが、住む人に本当に良い事かははなはだ疑問だと感じている。

人が継続していないスペースは暖房しなくても、居間や台所、寝室、子供室が暖かければよしとする考え方は疑問の住まいと言わざるを得ない。
何故ならば、冬場に家の中で亡くなる人の多くは温度差が原因のヒートショックによると言われているからだ。

トイレや脱衣場、廊下は寒いままで、エアコン等の冷暖房、換気、給湯、照明の年間消費一次エネルギーを太陽光発電などの創エネルギーとの差し引きで概ねゼロとする。

オーディオやドライヤーなどの生活家電や充電電力などは加算しなくてもよい。
よって、実質的には差し引きゼロでなくてもゼロエネルギー住宅と言えるのである。

細かい計算はともかく、ZEHの家では各所に温度差有りの不快な住まいでもよしとされているのです。
住む人にとって本当に良いのだろうかと大きな疑問の中で
格闘しています。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。