現場管理

建築工事を管理するにはしっかりとした図面、計算、提案プラン等が不可欠である事は言うまでもない。

お客様の思いが日ごと形になって行く家づくりは、正に生き物が成長して行く過程に似ています。
4、5カ月先の完成形の模型を含めて確認し、出来上がりの外観や内部バランスや色味や、
窓からの光の入り方等を可能な限り、お客様と共有して工事をスタートしています。

しかし、現場に行くと大なり小なり微調整なる事が発生します。
本来、工事管理とは設計図書の通りに進めて行く事が設計、管理者の職務であります。
企画住宅、量産住宅、ローコスト住宅等では微調整もややもすれば追加工事として否定的に扱われ、
流れ作業として建築工事管理が行われているのが実状と言えると思う。

後戻りを伴う大きな変更は問題です。
しかし、その家に愛情を注ぎ込み、その家族の要望主旨を最大限に引き出し、表現はして行きたい。
注文住宅として提案する強い洞察力をもって、工事管理をすべきと考えております。
今では職人からの逆提案さえもらったりして、より完成度を高めようとする体質にも感謝しています。

トータルバランスのとれた、美しい家づくりの完成に向け現場管理に力を注ぎ込みたいと思う。

     平澤建築事務所
      平澤政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。