庭木剪定のススメ

庭木の剪定は不可欠です。
特に、さつきやつつじは花が終わったら、深めに全体を刈り込むことをオススメします。
心配になる程刈り込んでも、枝から新芽が出ます。
株全体が若々しく元気になります。
刈り込まないでいると、枝が貧弱で活性せず疲れたさつきやつつじになってしまいます。
大きな剪定ハサミで、チョキチョキと手加減せずに刈り込んでほしいです。
又、雑木株立ちも適時枝剪定をし、程よい大きさを保つべきです。
内側に延びている枝を原則剪定しながら、バランスをとって下さい。

お客様訪問時にはいつものトラックにハサミ、ノコギリ、踏み台を持参しておくことにし、時間があれば剪定しながらご指導致します。
平澤が回りきれておりませんので、アドバイスがご必要な方は事務所迄ご連絡下さい。
サポートをお伝えします。

    平澤建築事務所
     平澤政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。