センターダクト

ご覧のように、家のほぼ中央にセンターダクトが設置されている。
上棟間もない涼温な家を知人とお客様と同行しながら、センターダクトがどこに設置されるのか質問されている光景を見た。
それを見ていると、早めに設置した方がいいなと感じセットした。
快適ラインを一目見るだけで理解出来るからだ。

最近、エアコン一台で快適の家と言っているのが広く流行っているようです。
住み心地をさておいて、エコイメージを売り込むやり方は完成入居された段階で不満が多く出てくる家になってしまう。
エコ住宅に住んでから、不満やトラブルがそれなりに発生してると聞きます。

他社で造っている何々工法と平澤の家の違いはどこかと質問を受けることがあります。
根本的に住み心地の追求から、逆転の発想の家づくりであり、売るが為の建築屋側の都合のシステムメッセージではない。
住み心地に理論的にも触れない一方的情報発信の家とは全く違う。
この質問に答えるにやや疲れます。

工事風景をご覧になりに来て欲しいと思う。
外断熱をして、隙間相当面積C値0.2c㎡/㎡前後、そして計画換気を第一種全熱交換で行う快適がご理解できるはずです。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。