換気計画

換気計画の裏付け、そして臭いやよどみの無い空気感の実現のために風量測定を行なう。
もちろん、住み心地へも直結する重要な作業である。

構造チェックと同時に、換気経路も熟考し、図面化するので現場でのダクティング作業もスムーズである。
各大工職とも、この重要性を認識しているので、現場からより良いものとするための提案もしてくれる。
想いの共有であり、本当に感謝です!

全棟測定検査をしていると、自然と換気部材のクセや特性が見えてくる。
経験から得られることであり、計算書や数値とにらめっこしていても、決して分からないことである。
こうした積み重ねによって、より精度が高く、実状に合った換気計画へとブラッシュアップされていく。

工事中でしか見られないが、新鮮でクリーンな空気を供給するセンターダクトと、汚れた空気を排出する排気ダクトを一緒に眺めていると、いつも頼もしさを感じる。

佐藤 吉行

カテゴリー: 佐藤吉行   パーマリンク

コメントは受け付けていません。