受験

今日は、たまたま同じ日に社員3人の受験が重なった。
一人は新潟の会場にて一級建築士の二次試験(設計・製図)が、6時間半の長丁場で行われた。
他の二人は東京の会場にて、インテリアコーディネーターの試験である。
日常業務と密着した内容の部分もあれば、かなりかけ離れた専門知識を問う内容もあるはずの試験です。
何れにせよ、職務として自分自身を高めるには、不可欠な事だと思っています。
しかしながら、私が皆に求める事は(自分を含め)ライセンス以前に人間として、職業人として、姿勢を正し真正直に行動し生きる事を何よりも優先される。
その中に光る知識・技術・センスが加味されなければならない。
それは日々の努力であり、日々の研鑽である。
毎日の小さなきっちりした仕事が、1ヶ月先、1年先の大きな内容へとつながると確信している。
その試験合格が今後、人々の生きる事に対して何がしの貢献、又、役に立ち続けるものであって欲しいと思う。
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。