光と窓の関係

「明るく爽やかで、開放感のある心地よい家がいい。」
「庭とつながる大きなテラス戸とウッドデッキは夢でしたので、是非実現したい」
・・・などなど。
設計打ち合わせの大切な「要望」に上げられる事柄です。
暗く陰気な居間・食堂を求めて来る方はいるはずがありません。
注文住宅を計画するには、その土地の環境、つまりロケーションをきっちり掴み、
そこにご家族がどのように生活を楽しみたいかを落とし込むことは、とても大事な事。
大きな開口部(窓)をつくると明るくなる、とどうしても考えがちです。
(当然光は多く入ってくる)
しかし、窓は小さくても効果的に入れることもできます。
低く取り付けても高く取り付けても標準的な高さに取り付けても、窓の金額は同じです。
空間の取り方、窓の位置、窓の形など工夫すると
意外性のある「おしゃれ」な光を楽しめることがあります。
特に住宅が密集している土地では、窓を大きくすることと同時に、
光をどう入れるか、外とどの様につなげるかを追求することが大きなポイントとなる。
TIP斜材の上に外張断熱材を張り終えて、サッシ取り付け完了の頃、家の中が暗く感じるのも、
地縄を見て建物が実際より小さく思えるのと同様、工事進行中での共通点かも知れない。
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。