換気の重要性

今、あちらこちらで建築のラッシュが続いている。
消費税アップ前に契約し、そして家を完成させる。
または5%の消費税の中で、多少延びても家づくりをやる。
土地には消費税はかからないが、住宅は金額が大きいため、
仮に3%アップになった場合、かなりの増額になることは言うまでもない。
しかし、今契約をして今つくらなければ損をする。
だから契約だけでもいいから今やるべきだと、
まるでお祭りムードで受注をする。
また、そうでもあるかと契約をする。
本当にそれでいいのだろうかと考えさせられる。
「いい家」をつくる会員だからだけでは無くとも訴えたくなる。
家は家族が住むもの。
人の住み心地の話の内容もさておき、
まずは損か得かで家が大量生産されている。
これから長く続く住まいに住み心地は
こだわりませんという方もいらっしゃいますが、ほんの初めは良いとしても、
真のやすらぎの場、また、パワーを充填し活力を得る場になるでしょうか。
空気・温熱環境、心理的、そして健康に大きな影響を与える住み心地。
つまり換気です。
暑かった夏、涼しくするためエアコンをかけ温度を下げる。
しかし、温度は27℃またはそれ以上でも、
湿度が安定的にベストが保たれると爽やかになることは、
涼温換気では皆様うなずかれることです。
さらに全熱交換換気システム+CDエアコンは、
今まで考えられなかった少ないエネルギーで、
家中まるごとを清涼感ある、匂いのない家にします。
ここの大切さを後で知ったらきっと悔しく思う。
だから、ささやかながらブログ等で発信、伝え続けています。
この換気の大切さときっちりした理論をブログで書かれているのは、
「いい家」をつくる会会員である茨城県の吉建ホームの吉田社長さんです。
ぜひそちらも覗いて頂きたいです。
吉建ホームさんのブログへ
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。