ちょっとひと走り

P1000044_convert_20130915204055.jpg

日本海側を北上し、笹川流れを過ぎ、山形県に近い山北漁港の写真です。
仕事柄、土日祝祭日はお客様との打ち合わせが多い。
平日は現場が進行しているので管理は不可欠。
しかしながら、多少の空き時間は出来る。
その時とばかり、失礼してひとっ走りして来る。
海沿いの道をバイクで一人ツーリング。
自由気ままの2時間。
繝悶Ο繧ー_convert_20131030085718
(平澤の愛車:1997年型 エボリューションエンジンのソフテイルスプリンガー エンジンは、チョークを引いてかける。 よく故障する所も一つの味として認めながら付き合っています。)

なぜか右のサイドバックには図面用紙と鉛筆。
左のバックには稲盛和夫氏の本を入れ替えながら持ち歩く。
気に入った木陰で足を投げ出し、本を読む。
随分と贅沢な時間に感じる。
しかし、なぜかそういう時間に限ってお客様より催促のご連絡が入る。
背筋が改めて伸びる一瞬です。
社員にいつも話している事に、自分達が幸福感を持っていなければ、お客様に、そして職人達に真の感謝の心と行動は生まれない。
だから、心と技を常に高めなければならない。
人間誰しも、人が喜んでくれることをした時、自分も嬉しいものである。
まして感謝の言葉を頂けたら、それはもっと嬉しくなる。
上質な生き方が、上質な「いい家」をつくる集団である。
そのために「燃える闘魂」で行きます。
そして厳しい工務店ですが、社員を幸せにします。

平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。