涼温な家勉強会

涼温な家体感勉強会にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。

外気温と室温にはそれほど大きな差も無い日ではあったが、それでも日差しの影響で、小屋裏部分にあえて設けている「内断熱」の空間は室温約39℃、湿度70%であった。
外断熱による小屋裏空間は約23℃、湿度50%である。断熱方法の違いによる空気感を体感してもらうには、今の時期にしてはちょうど良かった。

今回ご参加下さったM様からは、特に結露やカビについてかなり熱心に質問を受けた。
断熱と気密性能の高さ、そこに加わる裏付けされた計画換気や暖房の方法などを説明して、結露の心配が無く、そして臭いやよどみの無い空気感を実際に肌で感じて頂いた。
音楽がご趣味であるというM様は、音についても気にされていたが、私共の家づくりでの標準的な断熱・気密の施工だけでの遮音性能も体感して頂き、その性能の高さにも驚かれた様子であった。
多くの言葉を並べるよりも、まずは一度体感してもらうことの重要性を改めて感じる。

体感ハウスの中を歩きながら、設計の主旨や空間のつくり方も直接感じてもらう。
一見、豪華そうでインパクトのある他の展示場などとは違い、素朴ではあるが住む人のことを考えた落ち着きのある空間、そして生きたお金の使い方には、とても共感してくださった。

温度や湿度、空気の質は勉強会の間の数時間もほとんど変化は無いが、お帰りになられる時のお客様の表情は、来場された時よりも柔らかく感じる。
これも涼温な家に流れるの空気のおかげなのだろう。

佐藤 吉行

カテゴリー: 佐藤吉行   パーマリンク

コメントは受け付けていません。