ほれぼれ

見て下さい。
家族の心地良さを支える特許センターダクトのこの頼もしさを。

この断熱ダクトは「おいしい」空気を、家の中に常に入れ続ける大黒柱的なもの。
再三話していますが、見ての通り、縦一直線であるために、新鮮空気である給気ラインには将来に渡って、ほこり、ダニ、粉塵が溜まりにくいのが、すんなりとわかると思う。
換気経路はシンプルで、かつ汚れにくく、そして掃除がとても簡単であることが重要なポイントです。

涼温な家は、家族の健康と脳の活性化に大いに力を発揮する。

「涼温な家」の著者である松井修三氏が、先日イギリスに行かれ、住まいの換気について、見たこと、感じたことをブログに書かれている。

その中にもありますが、このセンターダクトの発想は、イギリスでも高い評価を得て、特に掃除のし易さについては絶賛され、日本国内のみならず世界のクリーンな換気として、今までの住宅換気の概念を変えるものでもある。
その換気システムを主体としたものに、「涼」と「温」を加えて運ぶエアコンの快適な使い方は、見逃せない所なのです。
それらによる柔らかな住み心地には、大きな賞の受賞対象となってもいいと思うほどに素晴らしいことだと思っております。

隠れて見えなくなる前に、ほれぼれする頼もしさをしっかり見て貰いたい思いの写真です。

平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。