住宅長期保証のからくり

住まいの保障と称して、今では50年長期保証をも見かけます。
電化製品などは一年保障ですが、延長補償加算金を支払う手続きにて保証期間延ばせるものがあります。

同じ様に受けとりがちですが、住宅の長期保障は異なります。30年、50年の住宅長期保障は10年毎に無償点検、指摘の外壁、屋根などの必要とされた箇所の改修有償工事を行う事で延長される。
有償工事を受けなければその後の延長保障とならない。
つまり、10年毎に屋根外壁等の『有償工事』を繰り返す事にての保障延長です。

これを長い無償保障付きと受け止める方は多い。 

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。