M様邸上棟

新潟中央区M様邸の上棟です。
一気に進む外張り断熱気密に上垂木を所定ビスで固定。
二層断熱合計100mmに遮熱シートを敷き通気層の確保です。
夏、屋根熱気は断熱材との通気層を上昇し、棟から放出されます。内側からは付加断熱が加わり小屋裏熱気は極端に軽減される。
外張り断熱の家は住み心地追求と同時に、冷暖房負荷軽減を理解して頂けると思う。

添付写真は現場より進行メールを職人が送ってくれます。その報告メール写真一部を使わせてもらう。

土台.柱全て桧4寸角骨太構造。二階及び小屋裏ロフトは剛床仕様。二階床は更に遮音を施し無垢床張りです。
耐震X、Y方向の壁量が異なる家では短辺側壁倍率確保安定は絶対となる。

外断熱.高気密の『温爽の家』は断熱・気密そしてエネルギー損失軽減の計画換気住宅として注目されている。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。