段取り

本日からA様邸建て方が始まる。先週末に土台敷きと足場組立て完了。
週明けの建て方開始です。

建築地は亀田駅に近い利便性の高い静かな住宅地。
A様は東京在住。
地鎮祭参列にはお越しになりましたが、基本的に平澤が責任持って監理遂行、メールにての現況報告しながら進めております。

我々の段取りとは、仕事の先を見据えた思いの強さ効率準備と言える。
安全性、近隣配慮及び仕事の質、効率において大きな差が結果に出ます。
TIPはパネル化し前日までに現場搬入する。
TIP耐震はブログにも書いている通り、圧縮引張り双方に効く希な木造筋かいであり、端部のクリアランス確保、所定専用釘打設固定のガゼットプレートは斜め材耐震と共に国土交通省大臣認定構法として行う。

いい段取りは仕事に付加価値高め効率的いい時間を生む。
足場上作業軽減やゴミ発生の少ない現場となります。
屋根断熱も予め加工の上2重垂木に加え合計100mmの断熱と通気層が形成される。
加断熱材カットも作業所です。

屋根での切り粉飛散無く効率は棟梁と職人の段取り。
16日の夕方には棟が上がり、18日ブログに写真添付でアップします。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。