コロナ第3波懸念

コロナウイルス第3波の広がり懸念が伝えられています。

寒くなると住宅も店も、窓開け換気は控えたくなるものです。せっかく暖かくなっている部屋を外気で寒くしてしまうから。しかしコロナウイルスに限らず換気は必要です。
今後、熱回収する1種熱交換換気と断熱、気密の家が広く求められて行くでしょう。

給気入口に設けた空気清浄機でPM2.5、花粉の汚れをフィルターで除去、家中まるごと綺麗な空気にしながら暖かい温爽の家。
エアコン無しの廊下、トイレ、洗面所、玄関、更には居間や寝室、子供室を換気を主としながら小屋裏エアコンを添える暖かな快適です。

今ではあらゆるメーカーが、競って独自工法概念図を添付売り込みをしてます。
住み心地のよさ、空気感のよさを予め体感納得してから契約されるすべきです。

イニシャルコスト、ランニングコスト、維持管理のしやすさ、そして建物性能一体で生み出される事も確認が必要。
同時に維持管理対応姿勢は工務店の生き方であり注目すべきです。

経験実績、進化の過程含め、設計者、工務店経営者のブログは思いの強さ、哲学、家づくりデザインまで感じる事が出来るもの。

是非興味ある工務店のブログ、施工例をご覧ください。
ホームページは相談訪問の窓口であり、相性確認と言える。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。