柱状改良工事

地盤支持層までの柱改良工事が完了した。

地盤調査で地中腐植土確認。判断は慎重となる。
木造二階建て住宅の建物不等沈下防止対策として鋼管杭又は硬化材強化腐植土対策の柱状改良が考えられる。

支持層が10mと深く長い杭の場合は、杭座屈を考慮、鋼管杭選択とするがA様邸は比較的浅いところに支持地盤があり、柱状改良による安定とした。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。