デザインするのは空気と景色

創業時のソーラーサーキットの家づくりから外断熱の家しか造らない建築屋とし空気追求の21年間です。
造って来た外断熱の家は延べ390棟を越える。

今ではエアコン1台家中快適を発信する建築会社をあちこちで見かけます。
換気システムのやり方、取り付け位置も様々であり注目度が高まっている。 
性能と同時に維持管理が問われます。理にかなった形に創意工夫がされていることが不可欠である。
明らかに上質で気持ちのいい空気を問う時代となった。

設計者、経営者は住む人の立場側から耐震性を元とするトータルの安全安心快適の性能改善を前向きに進める勇気と知識行動が求められる。

それぞれの土地条件において建てる家。
換気と共にその環境を反映し設計するにはセンスが求められる。柔軟な発想と変革への施工体制も必要。
また、植え込み樹木含め内外は一体の物語。
視線カット含む屋根付きウッドデッキも好みに合わせ設け家と繋げるも心地いいでしょう。

デザインするのは空気と景色です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。