引張り力に効く筋交い耐震

またTIP構法の話しをします。
見るからに施工が大変そうであり、慣れるまでは手間は掛る。

構造体に呼吸を促し、粘り復元に必要な隙間斜め張りは、実物大実験に於いても必要性が立証されている。
木造軸組において唯一、圧縮筋交いのみならず引張り力にも効く耐震構法。
大地震時効果的な保有耐力で筋交い破壊を防ぎながら、しっかり家を支える力学である。

日本TIP建築協会の指針に添った造りとなり、今の時代手間の掛かる仕事は避け、損得が先行、創意工夫努力せず楽な工法へ進む傾向にてTIP構法を面倒と嫌う職人、経営者は多い。
しかし、木造軸組建築に於いて本来求めたい耐久性耐震性、何より住む人の健康的価値を考えるべきであろう。

全棟に採用している安全安心TIP構法平澤の家。
その上に快適換気である。
数年前の写真ではあるが、ライトアップ写真を改めて添付したい。

住まいをしっかり支える頼もしい姿である。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。