地鎮祭に向けて

100坪の大きな旧家解体工事が始まっている。

広い敷地のW様邸、その庭先で長年に渡り育ってきた松や桜の大木は新築工事に支障となる為、伐採です。
更に新築において必要な樹木、庭石は建物イメージにより庭景色を一気に造る。
後戻りを最小限にする自称庭師平澤。

解体終盤に岩渕建材社長の理解と協力を頂きながら大型重機があるうちに造ってしまう。
いつもの事ながら有り難く、感謝を致しております。

昨年末、神主様より古家のお祓いと同時に伐採樹木も供養済み。W様近所左右も新築工事進行で自然と気合いが入る。
2月11日地鎮祭に向け解体工事は順調に進んでいます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。