今注目されている住み心地

正月休みを利用し来場されましたご家族の全ての方は住み心地という真髄確認です。

家づくりで冬暖かいをうたっている建築会社は内容はもとかくとして確かに多い。
エアコン一台で暖かいをセールストークにしている家づくり。
床暖房が標準設備であることを売りにしてる大手工務店。
又、新潟の気候には無理があろう20年前に消滅した暖房システムを再びアピールをしてる会社もあります。

家づくりに失敗したくない人ほど一生懸命展示場回りをする。求めたい家がはっきりしてないままに。

当然ますます解らなくなって疲れてしまう。
後に知名度で大手ハウスメーカーが安心感がある様に思えたり、又営業マンの一生懸命風さで依頼先を決定することも多いと聞きます。
住み心地には触れてません。

さらには金額や一見おしゃれなデザインで絞り込みの判断をされることもあるでしょう。
気づく事のない住み心地は住んでからの実感となる。
飛び付いたおしゃれは当たり前となってしまい、日々の不快に悩ませられ、そして諦めの生活となり
ストレスの溜まる新居となってしまう。
温度差や空気の淀み、臭いは入居、生活が始まってから実感する。
五感を取り巻く大事なことは、引き渡し後に現れます。

それを事前に確認するには、その工務店が実際造った家に住んでおられるお客様の感想を聞くことが一番。
感想を聞くことにより自分たちの依頼先がカタチになって見えるからです。

気楽に住み心地を判断、感じる場として使って頂いているのが、住み心地体感ハウス。

玄関クロゼット、階段ホール、トイレ、脱衣室、そしてエアコンの無い個別の各部屋を五感で感じて下さい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。