小千谷の雪景色

正月休みの2日、小千谷に向かった。
小千谷の駅前は雪は無し。
駅から車で20分弱走ると塩谷地区があり、既に40センチの積雪です。除雪車が出動していました。

ご覧の様に町から僅か10㎞程山側に行っただけで雪の量は一変する。
写真を改めて見ると白黒写真の様だがカラー写真なのです。

中越地方の雪は比較的湿り気のある重い雪質です。
スキー場ではテールが引っ掛かり回転がしづらい雪です。
乾燥雪は軽いから綺麗なシュプールが出来る。

勿論、気温が氷点下になれば乾燥したサラサラ雪となる。
叱られたりするかも知れませんが私個人的には雪が積もるとはしゃぎたくなるタイプである。
お前は犬かと言われる。

豪雪の中で育ったものですからこの地方で積雪2メートル位には驚くことは無い。
平澤建築事務所では多雪地域の家づくり依頼はそれなりにあり、今までに多くを造って参りました。
雪に対する設計ノウハウはかなり蓄積が有ります。
それぞれの地域特有の対応策があり、知識と経験が信頼に繋がる。

帰りに小千谷そばを食べる。その美味しさに頷く。
OFFの行動写真でした。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。