気合いの入っている現場進行

各現場共にきびきびと仕事が進んでいます。
段取りのいい職人の動きはスムーズで流れる作業そのものが美しい。
綺麗な現場はゴミの発生が少なく仕事も早い。

計画に基づいた仕事進行は現場管理にも同じく求められます。
先を予知し、材料、器具、建材の手配の段取り実行をしてゆく。
ロス、無駄の無い段取りとは時間節約のみならず気持ちの引き締めにもつながっている。
仕事を進めるにおいて連係なるチームプレーは不可欠であり、建築は単独個人プレーでは成り立たない。
いい仕事をする職人、社員は要なところの確認コミュニケーションがしっかりされてます。
ドタバタ感がなく要を突いた仕事をする。

各職人のそれぞれの仕事段取りを始めとする現場工程管理、働き易い環境づくりは大切であり、改善改良を緊張感を持って努力をしなければならない。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。