住み心地のよさに楽しさを加える

住み心地のよさとは家づくりの中ではあいまいであり、ややもすれば流されてしまいもっと現実的な方向で家づくりが向かうことがあろう。

住み心地とは快適であり、健康増進、スローな生活であるような気がします。
ダイナミックな斬新デザイン写真は人目を引く。
センスとはクライアントよりの要望をプロとしてかみ砕き、導き、上質なる表現が必要。信念と力量と信頼により成り立つものです。
家づくりは一本筋が通ってなければならない。
世の中のいいとこ取りの家は、バラバラなものになり、美しく無い。
空気とて論外では無いはずです。

その筋の貫かれた家に、その家族の楽しさを加味したく常々思っています。
今進行中の涼温な家では、オリジナル一部とんがり帽子ガラス屋根の野外8帖大バーベキュースペースが居間と繋がってあり、内外広がりの楽しさがある。
ワクワクする楽しい家で有りたいと自由な発想をお客様要望表現へと意識している。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。