庭木の手入れ

前回の草刈りブログに続き、さつき剪定を書きます。

今、さつきの花が咲く季節です。
常緑樹木で陽当たりが少ない場所にでも育つ為、低い庭木として造園にはポピュラーに多く用いられています。
そのさつきの剪定時期ですが、花が終る6月中旬頃に大きな剪定ハサミを両手で大ざっぱでもよいので先端の枝、葉っぱを刈り込みます。
すると、枝から新芽が出て来てさつきはイキイキして来ます。

6月下旬から7月迄には作業を完了して下さい。
あまり遅くなりますと来年の花芽を切る事になります。
剪定をしないでいるとさつきは元気を失う。
落葉している冬は樹木への水くれは必要有りませんが、これからの暑い季節は水くれは不可欠です。

どうか庭木も可愛がりながら楽しんで下さい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。