現場打ち合わせ

先日、お客様とショールーム同行後に現場打ち合わせとなった。
暑い日であり、午後2時の外気温度は29度を越えていた。

ご夫婦とお子様二人が現場に入ります。
壁、屋根の外断熱工事が完了し、樹脂サッシが取り付いた状況です。
しっかり固定しておいた梯子で小屋裏まで登って行きます。

ロフトに到着すると、小屋裏から子供達の感動の声が聞こえて来る。
ワー涼しい!!
不思議だ!!
何でこんなに涼しいの!!
と、びっくりした声です。

降りて来た子供達に少し得意そうに、そういう家なんですと話す私。
外断熱を更に改善した屋根ダブル断熱の効果はうなずける。断熱強化の工事は、開口部の基本が出来ているソーラーサーキットの家も改善出来ると確信してます。

前日は建築業者の人達の案内でした。
同じ様に小屋裏の爽やかさにはびっくりする。
ロフト床にどっかり座り込み腕組みしながら凄い家だと呟いている。

性能を語るには住み心地体感ハウス以上に建築現場の方が説得力があるのではと思ったりしてます。
一切の説明さえ無くても事実が物語るから。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。