オープン階段

前回の思い出しブログに続いて、過去の家づくりオープン階段を改めてご紹介します。

ご覧のように、その居間空間に対してオリジナルなデザインでトータルな表現バランスを取りながら質の向上は大切であろう。
安易な既製品パーツを使わず、力学的安全を試作品まで造り確かめる。
その試作品の小型版階段は、今も自宅ウッドデッキ脇に付いている。

D-10ミリ鉄筋と鉄板構成の発想は、温かい木造建築をおもいっきりクールな素材で表現したかった。
K様邸の家は19年前に完成。ホームページ作品集の「50坪以上60坪未満の家」にも掲載しています。

住み心地という感性の空気デザインと、景色・空間・シルエット、更には細部ディテールまでの質感を含む見えるデザインを、いかにバランスよく集結させ造り上げるかが上質な住まいと思い追求している。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利   パーマリンク

コメントは受け付けていません。