古民家風涼温な家

古民家風な温かい家が完成した。

塗り壁の珪藻土には藁を入れて左官が鏝で丁寧に仕上げて行く。
素朴な味わいと柔らかな風合いをかもし出す。

畳の間つながりとなっている食堂、リビングの窓もカーテンでは無く障子とした。
無垢床材、枠材及び障子はオスモによる風合い出しです。快適なる温熱環境と古風が落ち着きは心和むものがある。3月下旬に入居。
家中温かく馴染ませてのお引き渡しです。

作品集でも詳細写真がご覧頂けます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。