土地購入検討の参考プラン その1

土地探しを含めた家づくり相談でお客様が度々来社される。
その後前向きに購入検討の土地は家づくり前提で検討。
不動産屋とは目線が違う観点でアドレスを求められる事が多々有ります。
一度住み心地体感ハウスに来社されているご家族であり、細部要望迄お聞き無くても土地を見るだけで概略イメージは直感的にカラーで見える。
土地検討用参考プラン図としてわかりやすいと評価を頂いてます。

しかし、建築の依頼先として束縛無しが原則です。
いかなる場合でも自由に断られる事を基本としている為、強い購入検討土地検討に出向いてますが全ての依頼に必ず出向く訳ではありません。

その土地購入断念決断も評価され、家づくり根本で少し社会貢献をしてると言える。
1ヶ月以内の土地検討提案参考スケッチです。

あくまで平澤のプランニングであり、坪数と建物の関係、陽射しの入り方、敷地ロケーション、駐車場、アプローチ等を含め判断して貰らえれば嬉しい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

サーモカメラ

先日、サーモカメラで体感ハウス内を撮影した。
涼温換気により階段や廊下は均一な温度写真が撮れる。



温度分布と普通写真を同時撮影するカメラです。
快適環境の温度はサーモカメラ写真でも見ることが出来る。第一種全熱交換換気システムにより驚く程熱回収をしながら排気してる。
室内温度が23度なら空気清浄機を通し綺麗になった0度の外気を17度程にし新鮮空気供給です。
よってCO2濃度は低く森林浴に近い爽やか空気は注目である。

換気が主でエアコンが従。

これが健康的で心地よい住み心地を生み出している涼温な家裏付けです。
空気の質と熱効率の良さのある快適です。

換気が主であるため、高い断熱性と気密性、基礎を含む壁、屋根の外張り断熱が不可欠です。
床暖房、全館空調、又エアコン一台を自慢する暖かさとは根本的に異なる住み心地体感は何時でも出来ます。
ハウスメーカー住宅展示場と共にお寄り下さい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

涼温な家訪問

涼温な家にお住まいのY様邸にお邪魔した。
家の中全て温度差、空気淀みが無く爽やかな心地よい環境となっている事を確認。CDエアコン安心への話しです。

居間に入ったら、いきなり猫タワーが設置されていた。
思わず写真撮影とブログアップの了解を頂く。
キットで購入され長い時間を掛け、ご主人が組み立てをされたとの事。
セットされている位置がセンターダクト脇である事も嬉しい。

子猫は生後4カ月でヤンチャ盛り、話しの場に来てチョコチョコじゃらけ続けてい為、最後はかごの中に入れられてしまった。
猫にとりましてもとても恵まれた温かさの環境であり、幸せ者だと思う。
写真をアップして見て下さいあどけなさが見えます。

家づくりを始める時の図面打ち合わせの頃は小さかったお子様があまりにも大きく成長されておりビックリしました。子供の成長は早い。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

ウォーキング

わずかな時間を見つけ日々ウォーキングを意識して行っています。
夕暮れ時のウォーキングは、車から認識され易い様に明るい服装で歩く事が大事、夜は懐中電灯を点灯しながらです。

先日の日本TIP建築協会会合出席では早めに東京本郷に着いた。
時間があるから赤門から東大に入り広々したキャンパス内を一時間程ウォーキングをした。歴史ある建物は厳粛な空気を醸し出している。
暖かく春めいた陽気さえ感じられる日であった。

駅乗り継ぎもあり、この日の歩数は13000歩を越えた。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

検索エンジンの凄さ

何気なく検索エンジンで、平澤建築事務所と入れキーワード検索をして見た。
すると平澤建築事務所に関する記事が多く出て来るでは有りませんか。
訪問者数の多いホームページを検索エンジンが上位に来ている。
例えば、平澤建築事務所を入力後、雪景色を検索します、するとブログと共に雪の写真がどんどん掲載される。
「もっと見る」をタッチしますと関連記事が続いて出て来ます。
是非お時間のある時にお試し下さい楽しいです。

ブログは自分の携帯電話にて書き込み投稿してる。
文章は人を現す。
背伸びブログはいづれ疲れてしまい続かなくなるでしょう。
経営者や設計者の素直なブログは生き方、考え方、家づくりの理念も感じる事が出来、依頼先選定参考になるはずです。
気になるキーワードと平澤建築事務所で検索して下さい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

地鎮祭

昨日午前W様邸の地鎮祭であった。
お客様がお世話になっています近隣神社神主様により、お清めをして頂きました。
雪も止み風もない有難い日となった中、地鎮祭が執り行われた。

地鎮祭が始まる前に皆でつくった雪だるまも参列。
ご主人の地域消防団ヘルメットをかぶせた。

お子様4人と若夫婦そして親ゾーン分離型の大きな家となります。
全館温かく上質な空気を求め平澤建築事務所に家づくり依頼をして頂いた。
皆様とても活発で爽やかなご家族です。
おめでとうございます。
涼温な家づくりスタートです。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

続く住み心地体感ハウス来場

週末土曜日と日曜日のお客様来場が続いています。
この度も4組来場の内、3組が新規のお客様である。

8日午後一番のお越しの方は、購入予定土地が決まりその敷地において平澤が作成したスケッチプランに書き込みを持参、確認及び修正の打ち合わせです。

夕方6時のお越し新規お客様は仕事帰りであり、遅い時間にすみませんとおっしゃりながら空気感をうなずきながら散策されていました。その後リビングでくつろぎ、家づくりの話しをお聞きする。この度一緒に来る事が出来なかった家族と是非この住み心地を共感したいと次回の宿泊予約を頂く。

9日午前は「いい家が欲しい」を読まれて、ご家族全員での来場です。
帰り際、来てよかったと有難い言葉を笑顔で話された。
午後3時半には分水から温かい家を求めて新規のお客様。長い時間話しをした後、雑誌や資料をお持ち帰りです。
ここに来て住み心地体感ハウスは継続的に来場が増えています。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

日本TIP建築協会理事会

昨日、東京本郷にてTIP協会理事会が行われ出席をした。
以前から進められている国交省大臣認定の進捗状況経過報告が主題です。
昨年末の職能大学校にての試験写真です。
耐震等級3レベルの70ガル、90ガルの激しい揺れを繰り返しかけ見守る。
安定した粘り強さに教授も感心される。数ヶ月後に動画が公開されましょう。

TIP構法木づり斜め固定は水平外力に対して当然抵抗力があります。横架材と鉛直柱端部をガゼットで剛性にする事で引き抜き、水平外力に抵抗する。そのガゼットに筋交いを指定本数釘打ち固定し、引っ張り力に対しても効く筋交いとなっている。

現行建築基準法はTIP斜め材は水平木づりと見なされ構造耐力計算には加える事が出来ません。
その潜在的強さを含めた証明実物大実験である。
東京工芸大学工学部建築学科構造の上西名誉教授の研究室で実証実験された事への認証行動です。

この写真は10年ほど前に森林アカデミー試験場にての耐力試験立ち合い写真です。

現場で手間の掛かる耐震方法ではありますが木造在来構造に呼吸を促す工法として涼温な家に相性がよく平澤建築事務所では全棟TIP構法耐震を採用してます。

潜在的強さを認めて貰う大臣認定が大量の申請書類と共に着々と進んでおり、国交省の認定を強く望んでおります。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

エアコン連続運転

消費電力に対し熱効率仕事率の高いヒートポンプ式エアコン暖房が近年主流になりつつあります。
先日の暖房、省エネ、新素材セミナーでエアコン連続運転と間欠運転での温度ランニングコスト学びに参加した。

勿論、断熱性気密性、換気性能が基本ベースとなります。
ランニングコストを語る前に建物の断熱性気密性確認は不可欠。

Au値、C値、換気方法、第一種全熱交換換気にして機種熱交換率等数値を入力すると住まいの数値化が見れる。
涼温な家では熱交換して排気します。
熱回収の温かい新鮮空気はチャンバーボックスに行きCDエアコンでミックスされセンターダクトに送り込まれる。
外気取り入れは空気清浄フィルターが設けられ、まさに超高性能マスク装着の心地よさ、安心、爽やかさのある家と言えます。
各室排気グリルからは臭いやCO2を含む汚れた空気が常に排出されている。

数値だけでは見えない住み心地がある。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

盛況、住み心地体感ハウス

2月1日2日と体感ハウスは予約来場にて賑わう。
土曜日午前、東京からお越しのA様ご家族は設計の打ち合わせが進む。
午後は工事進行中のお客様と現場打ち合わせ、その後カーテンアドバイス及び確認。

更に夕方5時過ぎには、宿泊体感K様ご家族の来場である。
いつものようにお風呂の用意をしてお待ちします。
翌朝宿泊感想をお聞きする。夜は楽しいから子供と共に体感ハウスを活発に動き回る
温度差の無い家は改めて快適だと笑顔で話された。
体感ハウスのアクセント納め方を自分たちの家にも採用したいと要望が出る。

日曜日の午前10時半には、昨年6月に来場されましたK様ご夫婦が新たに息子様夫婦を同行されて二度目の体感ハウスお越しです。
居間に入り立ったまま、開口一番ご主人から二世帯の涼温な家づくりをお願いしたく来ました。息子夫婦は涼温な家を知らないので説明してやって下さいと話されて、敷地と要望資料を頂き具体的な要望をお聞きする事に進んだ。
ストレートである。
翌月曜日午前は晴れ、朝陽の入方や敷地確認の為カメラ持参で平澤がK様邸に着く。
ビックリする立派で品格のある邸宅では有りませんか。
それぞれに位置している庭の造りも本格的であり、手入れがしっかり行き届いている。
大切に愛着持って住まれていることが伝わって来ます。
はたしてこの家を解体建て替えが本当に良いのだろうかと考えてしまう。
異例ではあるが一緒になって要望を叶える第三の道を見つけ出す方向に導くべきと強く思った。

日曜日の午後2時に来社をされましたB様ご家族とは図面修正と要望確認、そして工程を含む打ち合わせへと続いた。

それぞれのお客様とは前もって予約来社の為、集中的な動きでも対応は可能となっている。
昨年末から今年の1月、更に2月に入っても住み心地確認来場で体感ハウスは活気がある。
単に暖かい家を称する住まいづくりが氾濫してます。
同じ温さでも上質を見極め様とする動きが強まっての来社です。
今週8日9日土日もそれぞれ新規来場予約が入ってます。まだ対応ゆとりが有ります
予約連絡をお待ち申し上げます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ