進んでいく密度アップ図面

平澤のところでは、家づくり相談のお客様に対しましてはそのご家族が求める家の要望を事務所にて、雑談の中からお聞きし、引き出します。

そして建築予定地のロケーションを熟知する為に、敷地には何度も足を運ぶのが基本姿勢です。
要望を頭に入れながら土地を繰り返し見続けると、どんどんとイメージが沸いてくるもの。

その頭の中のワクワク感をスケッチに落とし込み、同時にアプローチや植え込みの外構も記入しプレゼンテ-ションをする。

それが平澤の家づくりスタートである。

そのスケッチに更なる要望を何度も加えながら修正して行きます。

次のステップでは50分の1図面をCADにて入力、詳細記入に移って行く。
ここからは、コンピューターに強い一級建築士の社員が担当となる。
繰り返しCAD図面に目を通し、社内修正が行われ密度を上げて行きます。

その時にワクワク感が高まっている事が不可欠である。
それが涼温な家として、正しい方向に進んでいる証しでもあると思っています。

お客様から見て、大筋納得な頃には住宅模型を造り始めます。
多くの図面を書き、大量な図面ファイルを提示するよりも、三次元の光と影がリアルに見える住宅模型はお客様から判りやすいと評価を頂いている。

ここまでを契約前行い、全て無償でやるのが私共の家づくりの流れです。
家づくりを失敗しないために、精度の高い自分の家の完成小型版を模型にて確認をするのだ。

家づくりは期待と信頼の中からスタートしたいもの。
その為に私たちは、最大のエネルギーを注ぎ込むべきと考えております。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

予知と実行

それぞれの現場が順調に進んでいます。
数ヵ月の先を読み、予知をしながら段取りをする事は建築に限らずとても大事な事です。

しかしながら、私共のところでも、まだ思うように進んでいない事がございます。
お客様には誠に申し訳なく、お詫びと同時に全力で対応を致しております。

先日は植え込み残りの庭木植えと剪定、プラン図面作成をした。
楽しい事は多くこなしてもストレスには感じなく、ワクワクしながら動いております。

私の一日歩数は一万歩近いと思う。
平澤のトラックには常にその類いの道具が積み込みがされている。

24時間換気の健康状態やエクステリア等の庭の排水状況など確認は、多枝にわたります。

そんな中、M様邸では構造検査が行われ、立ち合いをしました。
センターダクトがいつもの事ながら頼もしく見える。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

夢をかたちに

17日の5月度盛和塾新潟例会は、開塾25周年記念開催でもあり、朱鷺メッセ4階の広い会場にて稲盛塾長よりのメッセージの公開から行われた。

特別ゲストには霧島酒造の江夏拓三代表取締役専務をお招きしまして、ご講演をいただきました。

タイトルは

「夢をかたちに」

テーマに沿い、二時間の熱く力強い、ご講演を拝聴する。

開塾以来、代表世話人をされておられる霧島酒造三代目江夏拓三塾生は、黒霧島を20年前に開発発売、その後が右肩上がりの独走成長が続き、年商500億円の売り上げであるイイチコの三和酒類を抜き日本最大の酒造企業となる。

以前は60億円の売上であった老舗酒屋をこの20年間で、社員576名、年商700億円近くの売り上げにして、経常利益は常に14%を越えるチャレンジ成長を続けております。
2020年には1000億円の売り上げは通過点にとらえている。
そんな超元気な優良企業です。

1949年生まれの江夏拓三氏は声が大きく、顔のツヤが良く姿勢が良い。
更に猛烈なエネルギッシュでパワフルな方である。
世界大会でも経営体験発表をされており、久しぶりにお話をお聞きした。

稲盛塾長の哲学を深く深く学ばれ、実践されている。
そのフィロソフィをご自身の血肉化とされ、細胞までしみわたり行動をなされている方です。

ご講演後の恒例懇親会コンパオープニングでは新潟総躍りが紹介され、楽しんで頂く。

焼酎を頂きながら 江夏塾生としばし話をさせて貰い、ご一緒に写真を撮らせて貰いました。

リーダーは常に危機感を持つこと。
成りたい自分達の企業の夢を鮮明に描くこと。

その思いの強さが日本No.1企業となる。

強い思いこそが挫けない誰にも負けない努力に繋がる。
実践を伴っているからこそ迫力がある。
素晴らしいご講演、感動しました。
ありがとうございます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

楽しい事を提案する事と実現する楽しさ

家づくりの相談にお越しになるお客様の要望をお聞きして建築予定地を見ます。
ご家族の要望と、これからの方向性をその土地にいかに表現するかが、設計者に求められます。

ブログでいつも書いているように、その家族にとって、その土地にとって、ベストをイメージしたいと強く思う。
センス、デザイン、環境、住み心地、コストなど総合的力量が試されます。

私共の涼温な家では、完成してから入居、生活に大きな支配となる住み心地を最大限意識して家づくりをプランしています。
空気の世界はスケッチや写真では地味な見え方となりがちです。
しかしながら、住む事においては大きな位置となっています。

そんな熱い思いを込めて、ワクワクする様なプランを創り上げたいとペンを動かす。
そのために土地の環境をとことん理解する為に足を運ぶ。

アナログ人間の平澤は、最大限の感性を使い快適空間の物語を表現し、伝えている。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

住宅誌の取材

13日、日曜日の午後に、新潟日報社発行の住宅誌の取材があった。

今年の発刊が早まり、雑誌編集締め切りの都合上、取材が急がされる。
ダイニングテーブルやソフアーの注文家具が納品される前での撮影となった。

スタッフ達には、心地いい空気感を写真に表現して欲しいと、いつもお願いをしています。
当日、取材前の時間に、まだ未完成だった庭木の植え込みを小雨の中、平澤は急ピッチで完了させる。

中央区の家々が接近する住宅街に建つT様邸は採光の為に、吹き抜けを効果的に設け、一階の食堂や居間に光を落とし込み、解放感をも演出する。

必要最小限の吹き抜けスペースで最大の効果をあげる事は設計者に求められる。
同時に吹き抜けを通して発生する音問題の解決は二階の各洋室に対策を施す。

一階床は無垢のウォールナット張り、壁は珪藻土塗り、天井のライテング、ブラケット等の間接照明を有効に使い柔らかい空間を演出をする。

2年程前からの土地探し時点で、家づくりの依頼先を平澤建築事務所に決めていたと言う言葉には感謝でいっぱいです。

T様邸の爽やかな空気感がどう住宅誌に表現されるか、発刊を楽しみに待ちます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

医院建設地鎮祭

昨日、中央区にて関連各位様多くの方々の列席の上、F医院建設の地鎮祭が執り行われた。

新潟市の医院が多く隣接する注目の地域にて、開業に向け工事がスタートする。
駐車スペース10台確保の広い敷地では外構工事、植栽工事まで計画調整そして提案にて密度を上げた内容にて設計と建築の依頼を受け進めて参りました。
延べ面積70坪一部二階建て。
矯正歯科医院が12月に開業する。

ドクターは、涼温な家の心地のいい空気感に納得されまして、長きに渡り医院建築の検討を深めて来られました。
患者さんに対して癒しのある心地いい空気に包まれた医院を創りたいと願っていた。

建築物の単なる意匠的デザイン競争に留まる事なく、患者さんの心理まで考慮しての決断には敬意を表します。
勿論、シンプルでおしゃれなデザインです。

今後、この様な動きは広がるものと強く予感します。
医療器具関連の方と連携しながら、涼温な家システム導入の新しい医院建設が新潟で始まる。
上質な温熱環境を持つ新しい医院の工事に身の引き締まる思いであります。

現場では、杭工事等の各業者の動きが現在とても混んでいます。
よって、事前の地盤調査にて不可欠となる杭工事が先行し、基礎工事も動き出して行く段取りです。
先ずは工事車両の駐車場を確保、完備してから本工事に入ります。

木工事の建て前までには、暫く時間がありますが、分散しながらの設計と施工管理の一体を行う。
佐藤と共に気合いを入れ、魅力的な医院完成に向け進めて参ります。

医院建設にも、新たなる進展の息吹きが広がるものを強く感じております。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

東京会場にて講習、試験

昨日の朝6時発の新幹線で東京に向かい、ゆとりを持って10時30分からの講習を受講した。
昼食休憩を挟み、17時の筆記試験の終了まで、かなり集中した時間であった。

建築の質の向上には、理論と実務の濃いレベルで伴ってなければならない。
年に一回の講習、試験でもあり、多くの人達で会場は満席となっていた。

テキストは事前に郵送されているため、目を通しておいての受講です。
実務に連動している内容であり、好きな分野ではありますが、何歳になっても試験とは緊張するものであり、嬉しいものでは無い。

8月下旬に合否の通知が来るとのこと。
日帰り新幹線で夜の帰宅です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

フィルターの手入れ

涼温な家には、外気取り入れ段階で花粉やPM2.5等の汚染物質を除去する空気浄化装置が取り付けられている事はご承知の通りです。

その浄化装置を空気が通過する事により花粉は99%除去します。
大気の汚れをその空気浄化装置でクリーンにして、家の中に換気として入れてます。

虫や大きめな汚れは始めの網ネットで防いでいる。
そこを通過する花粉やPM2.5等は中性能、又は高性能フィルターにて除去してます。

綺麗な外気が家の中に入って来る健康住宅。
温度差や空気淀み、生活の臭いの無い涼温な家は空気がおいしい住宅でもあるのです。

始めの網フィルターは掃除機で汚れを取り除きます。
次の中性能フィルターは花粉等を除去します。
このフイルターは、地域にもよりますが4カ月もすると白く綺麗だった品が真っ黒に汚れが付着してしまいます。
その汚れを家の中に入れないで除去している。

フィルターは使い捨てです。
Panasonic製で、直接でも平澤建築事務所でも購入出来ます。
綺麗な空気を家中に満たす為に、このフィルターの交換は必ず定期的に行って下さい。


使用前のフィルター


4カ月使用後のフィルター

フィルター手入れを改めて確認、ご案内です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

庭や樹木の手入れ

体感ハウスの雑草の草刈りをした。
庭の雑草が春先には、一気に元気づき芝を覆い隠してしまいます。
草刈り機を使い短時間で綺麗な庭にする。

その後に、芝には影響のない除草剤を満遍なく散布します。
青々した芝生が一面に広がる事を期待しての作業です。

庭木の手入れや雑草処理は楽しい事です。
手入れを加えた分だけ素直に応えてくれますから。

体感ハウスのウッドデッキも新緑の木陰が広がり爽やかな雰囲気となりました。

こちらの雑木と楽しく付き合うには手入れは不可欠です。
定期的に樹木が休眠する落葉後の時期に枝を落としをします。
放っておくと樹木が大きくなり過ぎる事になってしまう。

ご自分で処理出来ない方は、平澤まで連絡下さい。
庭師も紹介致します。

作業終了後に外テーブルにてコーヒーを飲み少しリッチな気分となる。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

北方文化博物館の藤

5日の仕事が終わり、事務所近くの北方文化博物館のライトアップされた藤を見に行って来た。
今年もカメラ片手の人達で大にぎわいです。
藤棚の下では甘い強い香りがしている。

5時30分からライトアップです。今年は正面門からのみの入場となっていました。

博物館内にある茅葺き屋根の建物に平澤は惹かれた。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ