一貫したプレゼン手法

お客様住宅の模型です。

センターダクト二本、玄関二つの2世帯住宅。
日差しがたっぷり入る庭とつながる各スペースゾーンはゆとりがある。
時間を掛けて図面修正を繰り返し行い、質の向上を追求して来ました。

ご自分の家完成を着工前に見える3次元模型は安心家づくりスタートとなる。
シルエット、色バランス、時間別光の入り方迄確認です。
一般的設計図書にあります展開図はお客様にとりまして馴染みが少なくトラブルの話も聞きます。
模型はシンプルでイメージが掴み易い利点がある。
屋根を外し、各階を見る。
造り付けカウンターやインテリアを50分の1模型で表現。

勿論、納まり詳細は工事進行の中で現場立ち合いにより寸法確認し、現場に記入をする。
インテリアアドバイスや微調整はとても大事です。
冬の季節風が強く当たる北西方面からの風流れ、凍結対策、メンテナンス性を考慮し素材選定は知識と経験をもとに提案する。
更に反省を踏まえ工事を進めて行かなければなりません。

今時、美しい3D三次CADプレゼンが主流の時代に手間の掛かる古風な手法の模型づくりだがお客様には評価が高い。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

稲盛和夫氏 感謝の会

1月21日稲盛和夫氏誕生日に合わせ、お祝い感謝の会がホテル日航新潟で開かれました。

新潟塾生利他の心で主だった会社の食材とお酒、ビールが企業により提供されての食事会は盛大になった。
塾生であるホテル日航新潟も会場提供と調理をして頂き、贅沢なる開催です。

午後4時からの稲盛和夫氏 感謝の会では塾長の熱い言葉と共に多くの映像がスクリーンに映し出される。

盛和塾に心から感謝のことばを話してます。

食事をご馳走になっている時テーブル番号でいきなり指名されステージに上がっている。

何年ぶりにお会いする懐かしい塾生もおり、みんなでお元気な稲盛和夫氏88才の誕生日をお祝い致しました。

今後、集まりがサロン的の場になってはならないと解散した本部事務局から提言されている。
これは終わりではなく学び実践の始まりである と。
    
平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

地鎮祭に向けて

100坪の大きな旧家解体工事が始まっている。

広い敷地のW様邸、その庭先で長年に渡り育ってきた松や桜の大木は新築工事に支障となる為、伐採です。
更に新築において必要な樹木、庭石は建物イメージにより庭景色を一気に造る。
後戻りを最小限にする自称庭師平澤。

解体終盤に岩渕建材社長の理解と協力を頂きながら大型重機があるうちに造ってしまう。
いつもの事ながら有り難く、感謝を致しております。

昨年末、神主様より古家のお祓いと同時に伐採樹木も供養済み。W様近所左右も新築工事進行で自然と気合いが入る。
2月11日地鎮祭に向け解体工事は順調に進んでいます。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

住み心地体感

18日の土曜日夕方は予約家族6人様の体感ハウス宿泊でにぎやかであった。
人気の3階露天風呂には、少し熱いくらいのお湯を張っておきお待ちします。
お勧めは気持ちいい朝風呂。山並みを見ての入浴は楽しいと言われる。
来場目的は快適革命と言われる住み心地確認。
以下19日朝、宿泊お客様感想が佐藤から届き添付を致します。

・空気感、温かさにビックリした、とても快適だった。
・朝起きる時にスッキリと布団から出ることができた。
・半信半疑であったが、夜に干した洗濯物が朝には本当に乾いていて驚いた。
・朝日の入り方がとても気持ちよく、珪藻土の壁に照らされた感じも綺麗。
・照明計画もくつろぎのある落ち着ける感じが良かった。

19日の午前10時は、新規お客様の体感ハウス予約来場です。
同じ時間帯に引き渡し前の完成見学申し込みの方が来場されるので、佐藤と私の手分けで対応する。

完成見学のご家族も通電されたばかりで馴染みが無い空気感ですが爽やかさに感動された。
ありがとうございました。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

ジェームズ・アレンのことば

このブログは2017年5月21日に書いたものです。
著書「原因と結果の法則」はシンプルで体に入り易い。
昨年、読めないのに原書本まで購入した。
改めてアップさせて下さい。

イギリスの哲学者、ジェームズ・アレンの著書は、聖書に次いで長年読まれ続けているとの事。
私も何冊か読んでいます。
「原因と結果の法則」は代表的書物かも知れない。
その中で、庭に綺麗な花を咲かせようとします。
花の種を蒔く事は当然です。
種を蒔いても手入れされない花畑は、たちまち雑草で覆い尽くされます。
花を大事にするために雑草をむしってやらなければ、雑草に負けて花を咲かす事は出来ない。
花を植えない庭とて、なにも手入れしないと、変わらないのみならずたちまち雑草で覆い尽くされてしまいます。

アレンは、なにもしない事は衰退の進行であると言っている。
進化とは、細やかな事を地道に一歩ずつ繰り返すことの積み重ねであり、それが大きな成果へと繋がる。
稲盛塾長も全く同じ事をおっしゃっています。
明日こそは草むしりをしようと常に先送りに物事を考えている人は、日々雑草が増えて来る現実に不安と苛立ちを感じていると思う。

今やることが自分を楽にする。
気ままに回りを美しくする事は楽しい事です。

以下省略

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

Niigata光のペイジェント

新潟駅南口のけやき通りに12月上旬から1月下旬迄の期間200本のけやきに26万球のイルミネーションが取り付けられ点灯しています。
Niigata光のペイジェントであり、深夜0時30分迄点灯しているとの事。
通りの長さは1㎞近くあり、新潟県イルミネーション人気ランキング1位です。

イルミネーションは幻想的な夜の世界を演出し今の時期、気持ちを温かく和ませてくれます。
こちらも例年なら道路は雪化粧の中で点灯しているのですが今年は雪なし。
1月15日新潟の週間天気予報を見ても⛄マークが出てません。

私共の家づくり仕事は、やり易すく助かりますが、あまりにも不自然な天候に心配です。
体制を整え待機してる除雪関係の仕事に携わる人達や、スキー場関係者の方を思うと有難いとばかりは言えません。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

塞ノ神

12日午後は近所公園で恒例の塞ノ神でした。

午後は時間も取れ事務所から近くの会場へは点火前に行き多くの写真を撮った。
例年だと多少の雪は積もっているのだが今年は全く雪は無い。
塞ノ神の火でスルメを焼いて食べると病気しないと言われており、火が落ち着く頃に合わせ竹竿に吊るしたスルメを一斉に差し出して焼く。
近所の人達と新年の挨拶交わしながらスルメを口にした。

祭日の今日、午前は家づくりプラン打ち合わせのお客様の来社。
午後は住み心地体感へ予約にて新規お客様の来場です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

現場帰りの道

今の時期は水原瓢湖近くの田んぼで白鳥を見かけます。
日中は湖から離れて田んぼに飛来し、落ち穂を食べている。

道端空き地に車を止め、足早に狙い目アングルの位置に向かう。ズームアップでの撮影です。
かなり離れているところからカメラを向けての撮影なのに私の気配を感じ警戒してか、ゆっくり去って行ってしまった。
少し寂しい感じ。

現場回り帰り道での写真です。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

スマホ対応のホームページ

ホームページをリニューアルして半月以上が過ぎた。
お陰さまでシンプルで見やすくなったと評価を頂いてます。

表示出来なくなっているお客様交流掲示板が自分たちのあり方を現す貴重なコーナーであったと思っております。
お客様同士が平澤建築事務所の家づくりや住み心地の感想を直接書き込む公開交流の場は大手ハウスメーカー含め他では見かける事はなかった。

リアルタイムでの生のことばは危険で怖いものも含まれると考えるからだと思う。

住み心地の感想を書き込まれたお客様交流掲示板の投稿、そしてそれの閲覧は多くの数があり、大変有り難く又ご指摘は謙虚に受け止め見てました。
しかし、そのデーター量が多くなりすぎスマホ対応では別枠に保管せざる得なく、表示出来なくなりました。
誠に申し訳ございません。
長年に渡り貴重な意見、住み心地の感想を投稿頂いた皆様方には心より感謝を申し上げております。
同時に開いて見て頂いてた多くの方に嬉しく思います。
本当に本当にありがとうごさいました。
平澤建築事務所の宝物として大切に保管しております。

今後のホームページ更新は先ずはブログで行います。

考え方生き方、仕事進行のこと、又はスナップ写真を添付しながらのブログを始めとしながら時々News欄に告知などを致します。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ

宿泊体感の感想

涼温な家に宿泊体感されました方々の共通な感想ことば、
それは快適。 

宿泊の夜に洗濯をしてもらっている。
広めの洗面室に洗濯物を干しベッドルームでゆっくり休んで頂きます。
臭いの無い室内の洗濯物は朝、爽やかに乾く。
北側に位置している物干しスペースとキッチンの動線効率短さが評価される。
収納スペースを設け個別整理収納がお勧めです。

又、夕食は焼き肉など臭いの強い食事をして頂きます。(食材は持参です)
当然臭いが家中に拡がります。
生活が始まれば必ず日々の臭いは発生するもの。
拡がった焼き肉の臭いが朝には全く無くなっている。

人の吐く息の臭い、CO2濃度も高まる事なく排気され、フィルターを通し熱交換した給気の新鮮空気が気持ちいい。
窓は締め切りだが第一種全熱交換換気システム一体の涼温房の家はCO2濃度の監視モニター数値は、460PPM前後と綺麗です。

このように宿泊体感は、見せる展示場と違い、住む生活確認の場です。
夜の照明雰囲気、くつろぎ感も実感。風呂上がりリビングにてゆったりと心地よさを体感して頂きたいと思う。

一家族限定予約の宿泊を楽しみながら悔いの無い家づくりに活用して下さい。

平澤建築事務所
平澤 政利

カテゴリー: 平澤政利 | コメントをどうぞ